複数の転職エージェントを掛け持ちするには何社が妥当か?

握手

転職初心者が犯しがちなミスの一つに転職エージェントの利用方法があります。

具体的にいうと、最初に登録したエージェントだけに頼ってしまうことです。

転職活動をやって行くと徐々にわかってくるのですが、転職エージェントは複数社に登録して掛け持ちでやるのがスマートかつ合理的なやり方です。

転職エージェントを複数掛け持ちするのはマナー違反か?

「他のエージェント会社にも登録するのって失礼じゃないか?」

転職初心者が陥りがちなのが、この点です。

ついつい転職エージェントとのつきあいに気持ちの問題を入れてしまうんですね。

結論からいうと、

エージェントは掛け持ちするのが当たり前です。

一般に、転職で上手くいく人は4,5社のエージェントに登録していますが、なかなか上手くいかない、もしくは転職初心者は1,2社しか登録していません。

いいですか、エージェントというのはビジネスでやっているんです。

気兼ねして他のエージェント会社とはつきあわない等と義理立てをしていたら転職戦線では勝ち残って行けません。

どうぞ、エージェントへは4,5社ぐらいは登録しておいてください。

転職エージェントを掛け持ちすることのメリット

ハズレエージェントのリスクヘッジができる

転職初心者にはわからないでしょうが、エージェントにはかなり腕の差があるんです。

そのエージェント会社そのもが力不足だったり、特定の職種に強弱があったり、大手のエージェント会社の中でもエージェントスタッフの腕に差があったりするんです。

とうことは、アナタが最初に登録したエージェントやその担当スタッフが、必ずしもアナタにとってベストだとは限らないんですよ。

もしかしたら、ハズレの可能性だってあるわけです。

そのリスクヘッジのためにも複数のエージェントへの登録が必要なんです。

上で、4,5社へ登録してくださいと言いました。

実は、最終的にアナタが頼りにするであろうエージェントは1社か2社になるのですが、それは頼りになるからです。

当たり前のことを言いましたが、最初の登録の段階ではそれがわからないんですよ。

わかるのは、実際に登録してエージェントと付き合ってからなんです。

わかります?

4,5社に登録する本当の意味は、ハズレを捨てて行き、アタリのエージェントを見極めるためなんです。

エージェント会社へは多めに登録して、徐々にハズレを削って行って、頼りになるアタリのエージェントを絞り込んでいく。

情報収集が幅広くできる

エージェント会社を多めに登録することによるメリットは他にもあって、担当のエージェントから情報が幅広く得られることです。

それに、各エージェントの情報の精度を確認することにもつながるんです。

あるエージェントが言ったことが、他社のエージェントとは正反対だった場合に、4社、5社と登録していれば裏もとれますよね。

そうやって転職に必要な情報を集めていくのが合理的です。

エージェントと言っても経験の浅い、深いがあるし、人間ですからいい加減な人も居ればキチンとした人も居ます。

それらを複数のフィルターにかけて正誤を見極めるのです。

幅広く情報収集するためにも登録エージェントは多めにしておく

転職エージェントとのつきあいで注意すべきこと

では、実際に登録したエージェントを上手に利用するにはどうしたらいいのでしょうか?

結論からいうと、

担当のエージェントからの電話やメールには出来るだけ素早く返事をすること

これに尽きます。

アナタの担当エージェントはアナタ以外にも10人20人と担当しているんです。

その中から、良い案件や耳寄りな情報をやり取りするのはレスポンスが早い登録者になります。

考えてみてください。

せっかく良い案件を紹介しようと連絡しても、全然返事が無い人や、3日ぐらい経ってから返事が来るような人よりは、出来れば即日、遅くとも次の日の午前中には返事が来る人の方が力も入れたくなるでしょう。

前者は「ヤル気がある人」と評されるでしょうし、後者は「本気じゃない冷やかし」と判断されても仕方がありません。

エージェントは仕事で動いているのですから、冷やかし半分の登録者には時間や労力は割きたくないのが実情です。

そのエージェントと上手く付き合っていきたいのなら「転職を本気で考えている態度」を示すことです。

※念の為言っておくと、エージェントの報酬は転職案件が成立してナンボなので、転職者が冷やかしだと金にならないわけです。

転職エージェントへの登録セオリー

必ず、大手エージェントを一社は登録しておくべきです。

それに加えて、アナタの転職希望先の業界に通じてそうな中小のエージェントにも登録してください。

始めは大手や有名どころを5社ぐらいザアーとみて、とりあえず登録しておくんです。

各エージェントとやりとりして行くうちにアナタにとって必要なエージェントかどうかは分かって行きますから。

要は慣れです。

転職エージェントは上手く利用できれば良い味方になってくれますが、逆にヘタを打つと良いカモにもされかねません。

どうぞ、上手な付き合い方をマスターして転職に活かしてくださいね。

※大手や有名どころの転職エージェントをまとめた記事がありますので、よろしかったらどうぞ。

超保存版】転職エージェントおすすめランキングまとめ/随時更新

【保存版】IT系おすすめ就職・転職・派遣エージェント【超まとめ】

シェアする

フォローする