転職エージェントとは?その上手な利用法

転職エージェントとはよく目にする言葉ですが、キチンと理解している人は案外少ないようです。

今回は転職エージェントの仕組みや上手な利用法を説明しますので、どうぞ身につけて転職活動に活かしてください。

転職エージェントとは?

転職エージェントの概要

転職エージェントとは、企業と求職者の間に入って両者の橋渡しをする仲介業者のことです。(エージェント:agent/仲介者、代理人)

やってることはハローワークと似ていますが、熱心さは全然違います。

ハロワは所詮公務員仕事ですから、ヤル気がないんですよね。

それに対して転職エージェントは企業から報酬をもらってやっているので、俄然人材の紹介に力が入ります。

(※一般に転職が決まった際にはその人の年収の約3割が転職エージェントの成功報酬となるようです)

報酬は企業からだけで、求職者から仲介手数料のようなお金をとることはありません。つまり、無料で利用できるということです。

もし何らかの名目でお金を取るエージェントがあれば、そこは悪質な詐欺業者ですから関わらないことです。

具体的に何をやってくれるのか?

転職エージェント会社に登録した人には担当のスタッフが付いてくれて、求職者と相談しながら転職活動を支えてくれます。

具体的には求職者の希望に合った企業を紹介してくれ、そこへ応募する際には履歴書や職務経歴書の書き方もていねいに教えてくれます。

また、面接日時の調整や報酬額(年収額)の交渉などを求職者と企業の間に入ってやってくれます。

もちろん全て無料です。

転職エージェントの実際の流れ

エージェント会社の利用は大体どこも同じで、先ず無料登録して、その後で電話やメール、もしくは近所に支店があれば出向いて相談をします。

その際には求職者に担当のスタッフがついてアレコレ要望を聴いてくれ、希望に沿った案件を紹介してくれます。

「無料登録⇒相談(ヒアリング)⇒案件紹介⇒面接」大体こんな感じです。

転職エージェントのメリット・デメリット

メリット

自分で案件を調べる労力が削減されます。

そして、自分に合った案件を担当スタッフが選んで紹介してくれるのでムダがないです。

その際には、相手先の(応募先の)企業の内情をアレコレ教えてもらえるので、応募先企業の判断材料として活かせることができるでしょうね。

デメリット

担当になったスタッフが全てです。

つまり、その担当者が優秀なスタッフであればいいのですが、そうでなければどんなに良い案件を持っているエージェント会社であっても、うまくは行かないでしょう。

当たり外れがあるということです。こればっかりは運ですね。

担当スタッフの交代ができる会社もあるでしょうけど、実際問題として交代は言い出しにくいでしょう。

転職エージェントの利用のコツ

上述のように当たり外れがあるので、エージェント会社は1つにしぼらず複数登録して置くことです。

どこも登録は無料だし、こちら(求職者)は「お客様」なので遠慮せずに片っ端から登録して利用すればいいんですよ。

で、実際にエージェントを利用してみて様子を見るんです。

そしたら何となく良し悪しが分かって来るでしょうから、ダメなところはドンドン切ればいいわけです。

もし仮に担当スタッフがはずれだった場合、そのエージェント会社に魅力があれば担当の変更をお願いしてみるのが良いでしょうが、たいして良いエージェントでないなら付き合いは止めて他のエージェント会社に切り替えるのがいいでしょう。

どうぞエージェント会社を思う存分活用して、アナタに合った仕事が見つかりますように。