社内ニートになった時の原因や脱出法、最後の切り札は転職

会社

「社内ニート」という言葉を聞いた事がありますか?

簡単に言うと窓際族の若者版と言えばいいでしょうか。

窓際族とは普通40代・50代の仕事ができない人を指しますが、社内ニートは20代や30代のそれを指します。

当然、仕事を任せてもらえず、一日中ボーとしている羽目になりますから職場で居心地が悪いわけですよ。

もしも、自分がそんな立場になってしまったら・・・今回は社内ニートについてです。

社内ニートの実情

社内ニートって言うと呑気なイメージがあるかも知れませんが、実情はイジメと同じです。

上司や同僚から仲間外れにされて仕事を教えてもらえない、回してもらえない、かといってボケーとしているわけにも行かず、1日中周囲の目を気にしながらジッと息をひそめている状態が続くんです。

子供のイジメが社会問題になってますが、表に出ないだけで大人だって同じことをやってるんです。バカバカしいですよね。

バカバカしいことですが、やられている本人にしてみれば深刻な問題です。

これが原因でウツ病になったり、場合によっては自殺にまで及んだり、本当に気の毒なことになりかねないんですよ。

なので、社内ニートという名のイジメラレっ子状態になったなら、素直にそれを認めて対応策を考えることが大切です。

決してやってはいけないのは、自分の惨めな状態から目を背けて平気なフリをしてしまうことです。

必ず自分の状態を客観的に理解して把握してください。

手遅れになる前に・・・。

社内ニートから脱出する術を考える

先ずは社内ニートから脱出する術を探りましょう。

その為には、なぜ自分がそんな立場に追いやられてしまったのかを考えてください。

大まかでいいので、原因がアナタ自身にあるのか、それとも会社側(上司や同僚)にあるのかを判断しましょう。

もし原因がアナタにあるのなら、話は簡単です。

自分の問題点をできるだけ改善するんです。

これまでボクが聞いた範囲では、以下のような原因が考えられます。

  • 上司に失礼な態度をとっている
  • 自分の意見を言いすぎる
  • 誘われても飲み会に行かない
  • 自慢ばかりする
  • 同僚の手柄を横取りする
  • 仕事が手抜きで雑、もしくは能力不足
  • 見栄っ張り
  • 異性癖が悪い
  • 金にだらしない
  • 人の悪口を言う
  • 残業をしない

こんなところでしょうか。

逆に会社側の原因であれば、ちょっと厄介ですね。

会社側の原因っていうのは、アナタに落ち度が無いにもかかわらずイジメの対象にして社内ニートになってしまっているケースです。

言いにくいんですが、この場合では解決の見込みはほぼ0です。

どう足掻いてもダメなら転職

原因が会社側にあるが場合はもちろんの事ですが、自分にある場合であっても問題が解決するとは限りません。

そもそも社内ニートになるような人って(厳しい言い方ですが)、その会社には向いてない人であることが多いんですよ。

つまり異分子ってことです(会社側から見て)。

また、いったん社内ニートになった人がそこから普通のポジションに戻るのって相当難しいのが実情です。

そこら辺のことは子供の世界と一緒で、いったんイジメられっ子になったら二度と教室内では元のポジションには戻れないのと似ています。

カーストってスクールだけじゃなくカンパニーでも上に移動するのは難しいんです。

イジメを解決する1番の方法が「転校」であるように、社内ニートを解決するのに1番(かどうかは分かりませんが)の方法は「転職」です。

確かに、別の会社に転職することは大変です。

行った先の会社が自分に合うとは限らないし、そこでもまた社内ニートになる可能性だってあるわけですから。

でも、今現在の職場で修復不可能な社内ニートになってしまっているのであれば、やはり現実的には転職なんだと思います。

告白すると実は私も以前、社内ニートに・・・

なぜこんな偉そうなことがボクに言えるのかっていうと、実は社内ニートになった経験があるからです。

今思い出しても胸がキューとなって締めつけられる感覚がします。

ホントに嫌な毎日だった・・・。

会社の中で同僚がたくさんいる中で一人ぼっちって、無人島に一人でいることよりもツライんです。

下の記事で山根さんも語ってくれてますけど、社内ニートって本当に精神的にキツイんですよ。

年下の上司からパワハラされ続けてウツになりそうな時は転職した方がいい

本音を言えば社内ニートに追い込む職場は、サッサと辞めるべき

本音を言うなら(学校のイジメについても同じ事が言えますが)、社内ニートというイジメをする会社なんてスグに辞表を出すべきだと思います。

絶対、ロクな連中が居ないと思うから。

と言っても現実には収入や次の職場のこともあって、なかなかそうも行かないでしょうけれど。

行かないから、会社は個人を平気で潰すんですよね。

そういう会社の犠牲になった人は、これまで嫌というほど見てきました。

本来は人生を豊かにするために仕事をしてお金を得る場所であるはずの会社が、今は逆に人間を不幸にしているんですよ。

今の日本はどっかがおかしい、どっかが間違ってる。

しかもそれを口にしたら、まるで犯罪者のような扱いをされる日本のサラリーマン文化。

そもそもねえ・・・

あ、ゴメンナサイ。

ついアツくなって話が脱線してしまいましたね。笑

まとめます。

もし、社内ニートになってしまったら、

  • 先ずは原因を突き止める
  • その原因を解消すべく努力する
  • もし修復不可能ならあきらめる
  • 最後は切り札の「転職カード」を使う

以上です。

言うは易し、行うは難しなのは経験者なので重々分かってます。

分かってますけど、やっぱりこの段取が客観的に言ってベストだと思います。

上で紹介した山根さんもそうでしたし、私もそうしたんですが、やっぱり切り札の転職ってのは(次を決めるまではしんどいけど)効果絶大です。

転職サイトを運営してる私が言うとウソっぽくなってしまいますけど、ギリギリまで我慢しても解決しないようなら、心が壊される前に転職カードを使うことを強くおすすめしますよ。

心と体の健康あっての人生ですから。

それでは長々お付き合いしていただいて、ありがとうございました。

転職のサポートをしてくれる「転職エージェント」のまとめ記事を掲げておきます。興味あればどうぞ。

【超保存版】転職エージェントおすすめランキングまとめ/随時更新