今の「売り手市場」の嘘。現実は傲慢な「買い手市場」

夏に鬱期に入ってからは、自宅でゴロゴロの毎日でした。

その後少しして気分的には持ち直したんですが、再び働くところまでは届かず今に至ります。

世間では稀に見る「売り手市場」でどこの職場でも人手不足と騒いでますけど、現実に仕事を探してる立場の人間から言わせてもらうと全然そんな実感はありません。

一体どこが「売り手市場」なんだろう・・・。

現実は傲慢な「買い手市場」

ボクの感覚では傲慢なぐらいの「買い手市場」としか思えないんですよね。

先ず求人条件が一向に改善されてない、というか嘘が多すぎる。

割に合わない低賃金に重労働、当然の如く付いてくるサービス残業やパワハラ、某コンビニではバイトに営業ノルマを課したり理不尽な罰金制度なんてのもありましたね。

実際ボクもあちこちの求人に応募してサンザン嫌な目に遭って来てますから、こういうのはよくわかります。

先ず電話かけて求人内容について確認したりするでしょ?

そこでは相手は何にも言わずに面接の日取りを決めるんです。

ところが面接に行ってみたら求人内容とは違ったことを言い出すことがしょっちゅうなんですよ。

そのズレというか嘘の内容が些細なら我慢するんですが、明らかに根本が違ってたりすると面接の最中でも席を立たざるを得ません。

電話で「夜勤の希望です」って言ったにもかかわらず、面接に行ったら「夜は人が足りてて、欲しいのは早朝なんですよねえ」とか。

それなら電話で言えよって話です。

面接に行った時間と労力のムダでしょ。(履歴書書いたりネクタイしてとかが結構面倒)

酷いのになると応募した店舗とは別の店舗の求人で、その別店舗ってのがそこから更に車で1時間以上離れてるとかもありました。

こんなことやってたら来るはずの人間も来なくなりますよ。

実際、ボクの周りもそういうブラックな求人案件は互いに教え合って行かない様にしてるフリーターが居ます。

小さい地域だけなのかも知れませんが、そういう悪評が広がれば誰も応募しようなんて人は居なくなってしまいますよね。

かくして「人手不足」となるわけですが、こんなのは本当の人手不足とは言いません。

フリーター側にだっていい加減な奴はいるけど、雇う側がこんな体たらくじゃマトモな人は絶対に応募に来ないだろうし、なんかの間違いで来ても定着しないだろうと思う。

仕事を求めてる人はいるわけだから、雇う側もそこで足元を見たりしないで普通に採用すればお互い良いのに。

厚待遇とまでは行かなくていいから、普通の嘘や誤魔化しのない求人はないかなー。

シェアする

フォローする