【総まとめ】転職する時に注意したい年齢制限の意味

道標

転職の求人案件には表立って表記はされていないでしょうが、年齢制限がかかっています。

おおまかにいえば、20代の前半(いわゆる第二新卒)、20代の後半、30歳、35歳、40歳と要所要所に年齢の区切りが入ってます。

転職する際には、この年齢制限の実質的な意味を考えて活動しないと、上手くいくモノも行かなくなります。

今回は、転職と年齢制限の関係をおおざっぱにチェックしましょう。

20代前半(だいたい25歳まで)/第二新卒

いわゆる「第二新卒」ゾーンです。

ここは新卒に準じた扱いがされるため、仕事のスキルもほとんど問われることなく転職できます。

挨拶とか言葉使いといった最低限度の社会人マナーさえ身についていればいいので、未経験の仕事への転職が十分可能で幅広い選択ができます。

でも、採用する企業側からすると「前の会社をすぐに辞めて転職する人は、うちの会社に来てもまたすぐに辞めるかも知れない」という懸念があるので、そこら辺は面接でしっかり自分を良く売り込むことです。

以下の記事で第二新卒の転職について詳しく書いていますので、後でどうぞ。

新卒1年目での退職転職を考える/石の上にも3年は本当か?

第二新卒での転職を成功させるためのコツや考え方

20代後半(29歳か30歳まで)/最後のチャンスゾーン

20代も後半になって来ると、少しだけキャリア査定が入って来ます。

キャリア査定というのは、要するに仕事ができるかどうかってこと。

具体的には前職での実績を問われるんですよ。

ただ、ここでも第二新卒と似てて、そこまで深いスキルは問われません。

業界や会社にも依りますが、年齢相応のスキルがあれば良しと判断されることが多いようです。

ただ第二新卒と違うのは、未経験の仕事への転職が厳しくなってくる点です。

上で年齢相応のスキルがあれば良いといいましたが、同業種であればそれなりに前職で働いてればスキルは身についているので気にする必要はないんですが、まったく経験が無いとなるとチョット厳しいですね。

それほど深くはなくても、曲りなりにも20代の間に身についたスキルって蓄積された何かがありますからね。

ということは、異業種(未経験)への転職を考える時には、もう一回新入社員からやり直すぐらいの覚悟が要るということです。

採用する会社側も、その心構えというか覚悟ができてるかどうかを面接では重視すると思いますよ。

要するに、気持ちの問題なんですよ。

何だかんだ言っても20代でのスキルの差なんて数年間頑張れば追いつけるレベルですから、結局はそういう覚悟があるかどうかの方が重要なんです。

未経験で異業種への転職を考えている人にとっては、ここ(20代後半)が最後の転職チャンスゾーンだと思ってください。

次の30代に入ると、途端に未経験での転職が厳しくなって行きますから。

ここら辺のこともボクなりの考えですが記事にしていますので、後でどうぞ。

20代後半の転職はキャリア転職も未経験の職種の両方可能なラストチャンス

30~35歳/本当の転職の始まり

ここからは同業種、異業種ともに本格的なキャリア査定になって来ます。

本格的っていうのはシビアだということなので、相当な覚悟をして臨む必要があります。

先ず30代での転職では仕事のスキルがすべてだと思ってください。

業種や会社にも寄りますが、30代からは仕事の現場スキルが十分にあることに加えてマネジメントスキルも要求されます。

つまり、その仕事は一通りこなせる上に、今度は部下をマネジメントできるかどうかが重要な要素になって来ます。

なので、前職である程度の管理職に就いていたキャリアが要りますよ。

その分、年収もアップする可能性も大きいから魅力なんですが。

次の30代後半と比較して、現場スキルとマネジメントスキルが半々ぐらいといった査定でしょうか。(会社に依ります)

それだけに30代からの転職はそれまでの経歴がモノを言います。

そこら辺のことを考慮して転職するかどうかを判断してください。

決して、舐めてはいけませんよ。

35~39歳/気合と根性と開き直り

30代後半になると、正直言って吹雪の中を登山する感じになって来ます。

厳しいんですよ、実際。

35歳を超えたあたりからは、1年単位で自分を取り巻く転職環境が悪くなって行くのを肌で感じることになります。

いろんな転職エージェントに登録しても、なかなかコレといった案件が紹介してもらえず半年一年と時間だけが経って行くことが多いですね。

最後は妥協が必要になります。

おそらく当初の自分の第一希望はことごとく却下されて、第三希望あたりで話を進めることになるでしょう。

いち早くそういった厳しい状況を受け入れて、考え方を変えることができるかどうかが鍵ですね。

もしくは腹が括れるなら「ココまで来たんだから、最後まで自分の意地を通してやるぜ!」的なツッパリをするのも構いませんが。

実際、ボクの周りでも最後のウッチャリで逆転打を放ったケースがありますから。

ただ言っておきますが、そういうのはあくまでレアケースだということ。

みんなが、みんなハッピーエンドとは行きません。

その逆転劇の話は記事にしてありますので、あとでどうぞ。

転職で30代後半の男性が未経験の仕事に就いた話のインタビュー

40歳以上

40代以上での転職って、私の周りではコネとかスカウトといった特殊なケースばかりなんですよ。

普通に転職エージェントを介して、面接して、これまでの経歴を頼みに自分をアピールしてってケースは上手く行ってないことがほとんどだと思います。

正直言いまして、ここからの転職は止めておいた方が良いというのが私の意見です。

ただ、どうしても今の会社を辞めざるを得ないという人も居るでしょう。

そういう人は、転職ではなくて思い切って独立への道をおすすめします。

不利な状況で不利な扱いの転職をするよりは、これまでの経験を元にして自分でできそうな仕事で自営業を考えてはどうでしょうか?

ここは家族との関係があるので、簡単には行かないでしょうが、半年一年ぐらいじっくり考えてみてはどうでしょう。

イザとなったらコンビ二のバイトでもなんでもやってやる!ぐらいの気持ちで臨めば、自分と家族が食えるぐらいの稼ぎは何とかなるのではないかと私は思います。

いや、あんまり軽々しいことは止めておきます。

この年代での転職は相当厳しすぎるので、なんとか今の職場で生き残っていく方向で考えるのが第一だと思いますよ。

(私は組織が合わない性格だったので独立しましたけど)

自分にとって最良と思える選択よりも、なるべくケガが軽く済む道を考えるようにしてください。

あまり良いアドバイスができなくてすみません。

最後に

ここらで転職の年齢制限についての総論は終わろうかと思います。

長々と書いてきましたが、最後までお読みくださってありがとうございました。

ココに書いたことは、良くも悪くも個人の狭い知識からの話でございます。

決してボクの言ったことを鵜呑みにせず、あくまでも参考程度にしてくださいね。

大切なのは、自分で情報を集めて自分で行動することです。

(他人の言うことなんかどうでもいいんです)

どうか、アナタが天職に巡りあえますように。

※もし転職をお考えなら、優良な転職エージェントの特集記事があります。よろしかったらどうぞ。

【超保存版】転職エージェントおすすめランキングまとめ/随時更新

【保存版】IT系おすすめ就職・転職・派遣エージェント【超まとめ】

シェアする

フォローする