転職活動に無職期間は禁物!ブランクはバイトで穴埋めすべし

崖

転職活動は(可能ならば)在職中にやって、次の仕事が決まってから退職すべきです。

退職してから転職活動を始めると、思わぬ「エアーポケット」に落ちてしまい、そのまま表舞台から消えていくリスクがあるからです。

エアーポケットというのは無職期間のことです。

日本の会社は異常に無職期間というのを嫌います。

今回は、そこら辺のことについて。

転職活動中に無職だというのは相当なマイナス

特に転職初心者がやらかしてしまいがちなのが、次の仕事がすぐに決まると考えて先に今の職場を辞めてしまうことです。

これは非常に危険です。

転職はアナタが考えるほど甘くはありません。

当たり前ですが、良い待遇の会社には人が殺到しますから競争率が高く、なかなかのことでは潜り込めません。

翻ってみるに「すぐに決まる職場」なんて、ロクなところじゃないんですよ。

特に無職期間があると採用側の判断は格段に厳しくなります。

仕事のスキルやキャリアなどがアナタと同レベルの転職希望者がいて、その人は在職中でアナタは無職だとしたら、確実にアナタは競争に負けますよ。

それぐらい無職期間というのはマイナス査定になります。

もし無職になってしまったらバイトする

在職中に次の職場を決めるのが理想ですが、現実はそう上手くは行かないですよね。

平均的というか、よくあるパターンが途中まで在職しながら転職活動をしていても、諸事情(人間関係が多い)で退職して無職になってしまうというケースですね。

やはり転職活動をするということは、それだけ今の職場に居たくない理由があるわけで、理想通りにはコトが運ばないんですよ。

中には辞めるように追い込まれるケースもあるだろうし、はたまた、職場がブラックすぎて次が決まるまで身がもたないというケースだってあるでしょう。

そういう場合には辞めるしかないし、また辞めた方が精神衛生上良いです。

問題は、その後のリカバーです。

無職になってしまったら、とりあえずで良いからアルバイトをすることをすすめます。

1ヶ月、2ヶ月ぐらいなら失業手当でのんびりしてもいいでしょうが、3ヶ月になると黄色信号です。

せっかく失業手当でブラブラできるのにもったいないと思うかも知れませんが、次のいい転職先を確保するためですから割り切った方がいいと思いますよ。

採用側もそこら辺はキチンと見ていますから。というよりも、そこを重要視しているからこそ、無職期間がある人にはシビアになるともいえるんです。

どういう意味かわかりますか?

経済的なこと(無職になると収入が途絶えること)を考えてバイトしろと言ってるんじゃないです。

「失業手当も出るし貯金もあるから、当分は遊んで暮らそう」と考える人は企業としては「要りません」というのが本音なんです。

それよりも、すぐにでも次の仕事を求めてアグレッシブに行動している方が好印象です。

ここら辺は、アナタが採用する側になって考えてみればわかると思います。

1年間フリーター>>半年の無職期間

わかりやすく言います。

たとえ以前は大手企業の社員でも、半年間ブラブラと無職期間がある人よりは、元は名もない中小企業の社員からでも、1年間バイトをしながら転職活動をしている人の方が採用する側の査定は格段に上です。

特に転職希望先の会社と同じ職種でバイトをしていると、かなり良い査定が出るでしょうね。

それだけヤル気があると判断されるからです。

と言うことはですよ、実は転職活動中のバイトってやりようによっては武器になるわけですよ。

たとえばある転職希望者が(前職とは関係が無い)コンビニ運営の会社に転職したいとします。

その際に、半年間無職でブラブラしていた未経験者と転職活動しながら勉強の為にとコンビニでバイトしている人とでは、どっちを採用したいですかってことです。

もっと言えば、ファミリーマートの運営会社へ面接に行くのに、勉強の為にセブンイレブンでバイトしている人とファミマでバイトしている人とでは扱いが違ってくるのはわかりますよね。

そういうことです。

転職の応募は数社同時並行で進める

無職期間とは関係無いのですが、転職活動でよく見る失敗パターンがあるので注意を。

一社づつ応募している人がいますけど、それはいけません。

転職活動は複数案件を同時並行で進めて行くのが鉄則ですよ。

よほどの実力者でもない限りは「一本釣り」は止めておいた方がいいでしょう。

普通の人は何社も応募して、その中から一社でも決まれば御の字なんですから。

ということは、一社づつ応募しているとアタリ案件に巡りあうまでの時間効率が悪いわけです。

網は広く張るべきです。

まとめ

転職活動はなるべくブランクを作らないように進めるのがいい。

在職中に次の職場が決まらなくて無職になってしまったら、アルバイトでも良いから働いている体(てい)をつくること。

転職希望の案件は複数社を同時に進める。

転職初心者は、見るもの聞くものすべてが初めてで当惑するでしょうが、どうぞ一つ一つをていねいに消化しながら転職活動のコマを進めてください。

ヤケになったり、怠けたりは禁物ですよ。

職探しはいろいろと経済的にも精神的にも負担がガッと乗って来るので大変ですが、どうぞココ一番我慢してアナタに合った天職を見つけてください。

最後になりましたが、転職するにあたって心強い味方になってくれる転職エージェント会社を特集した記事があります。

よろしかったら、どうぞ。

【超保存版】転職エージェントおすすめランキングまとめ/随時更新

【保存版】IT系おすすめ就職・転職・派遣エージェント【超まとめ】

シェアする

フォローする