【面接の実情】就職転職での面接対策に自己アピールや個性は不要

転職就職の面接ですが、その手の本を見ていると「自分をアピールしろ」的な論調が多くみられますよね。

ですが、実際に採用される人材をチェックしたり、面接官に話を聞いてみると、面接で良い評価がつきやすい応募者とは「クセがないタイプ」であることが多いです。

ボク自身の経験から言っても個性的なアピールをした時は不採用になったことが多く、クセにない受け答えをした時には採用されたことが多かったです。

今回は面接での理想と現実についてです。

巷の面接対策は間違ってる?

「クセがない」というのは、端的に言うと個性がないということなんですよ。

一般的に面接の場では「自分の個性をアピールすべき」というのが定番ですが、これは間違ってます。

考えて見れば分かることですが、企業が求めているのは従順な兵隊役なんです。

上司の言うことを忠実に守って動いてくれる兵隊。

兵隊が自分勝手な考えで動きだしたら困ります。

特殊な専門スキルを要する仕事でもない限りは、サラリーマンという組織人に個性なんて要らないのが実情です。

個性的な人材を求めてるアピールはウソ

にもかかわらず企業が「個性を大事に」とか「個性的な働き方」とかいうのは、企業イメージを良く見せたいからやっているだけです。

そういうイメージを示しておけば世間的にも受けが良くなるでしょうし、ヤル気のある優秀な(でも世間知らずな)人材が集まるからです。

ということは、面接では尖がった事を言うべきではないとわかるでしょう。

過去にボクもバイトリーダー的な立場にいて、店長と一緒に面接に関わった事がありました。

その際に「自分の個性をアピールする人」がいましたが、実のところは「厄介だなあ」というのが店長とボクの正直な感想でした。

「面接ではとてもいい雰囲気だったのに、結果はダメでした」

そういう応募者の恨み言?を聞くことがあるんですが、それはその人の言うことが立派であったり、理想的なことだったりするので仕方なく黙って御高説に耳を傾けていただけなんですよ。

ケチはつけられないけれど、内心は「要らないな」と思われているわけです。

求人募集の年齢制限の意味

求人募集についてる年齢制限の意味を考えてみてください。

だいたいが30歳と35歳で区切りがあると思います。

建前はいろいろついてますけど、雇う側の本音は「扱いやすいかどうか」です。

どの職場でも現場を仕切る管理職といえば30歳から35歳が多いでしょう。

35歳以上になると管理職の管理職になって現場とは直接かかわりは持たないことが多いです。

ということは、現場のスタッフ(言い換えれば兵隊)は30歳から35歳よりも下の方が扱いやすいわけですよ。

やはり「年上の部下」っていうのは何かとやりにくいですから、求人募集には現場管理職の年齢より若い条件をつけるんです。

そこには能力や経験なんてあまり関係ありません。

そういう資質が問われるような職場はかなりのハイレベルでしょうから、一般論からは外れます。

こういった知識が頭にあれば、面接の現場で自分の個性をアピールすることが如何にマイナスになるかが分かってもらえると思います。

こんな偉そうなことを言ってるボク自身も、こういうことが肌でわかってきたのは30歳ぐらいになってからだったので威張れませんけどね。

(20代後半になるとバイトの仕切り役になったりして、採用側の心理がわかって来るんです)

これから面接に行くって人は、どうか自分をアピールするのではなく「自分を抑える」方向でやってみてください。

勝率がアップするはずなので。

フリヲフリヲ

面接では自分を無の状態にすべし!