第二新卒での転職を成功させるためのコツや考え方

グラフ

「第二新卒」という言葉を聞いた事があると思います。

新卒なんだけど、ちょっと違うみたいな中途半端なニュアンス。

今回は第二新卒を取り巻く転職市場の実情と転職を成功させるためのコツを述べていきます。

どうかアナタの転職活動の参考にしてくださいね。

第二新卒って何?

先ずは第二新卒の意味を確認しておきましょうか。

大まかに言えば、

「大学を卒業していったんは就職したけれど、3年以内に辞めて転職活動している若者を指します。年齢的には25、26歳辺りまで」

こんな感じです。

あいまいな表現で申し訳ないんですが、第二新卒についてのハッキリした定義ってないんですよね。

まあ大体、こんな感じってとらえ方でいいです。

企業が第二新卒を求める本当の理由

一言でいえば「人手不足」が1番の原因です。

企業はいろいろな理屈をつけてますが、1番はこれなんですよ。

不況で仕事が無く、十分人材が足りてる時に企業が人材募集をかけたことがありましたか?

無いですよね。

企業が人材募集をかけるのは、今も昔も程度の差はあれど「人材不足」と相場が決まってます。

新卒採用以外にも優秀な人材を採ることによって、自社の人材補強を図るのが目的です。

表現が悪いのですが、わかりやすく言えば入試でいうところの「補欠合格」みたいなもんです。

なので、第二新卒で求められる人材というのは誰でも良いわけではなく、新卒採用に準じたレベルになります。

第二新卒の「3年以内、25歳まで」の意味

そもそも、普通に「転職」って言えば済むところをあえて「第二新卒」と銘打って区別している意味が分かりますか?

言い替えたら「前職を3年以内に辞めてる、年齢は20代中盤まで」の意味とも言えます。

人間て同じ企業で長く働いてると色がつくんですよね、その企業独特の。

それを嫌った表れが「前職を3年以内に辞めてる」なんですよ。

3年という数字に確固たる根拠はないんですが、まあ大体このぐらいなら未だ前職のカラーに染まりきってないだろうといった感じです。

5年も10年も勤務した人って、その企業なり職場での「やり方」みたいなもんが染み付いてしまってて、転職先企業からしたらそれが邪魔になるんです。

「20代中盤まで」というのも同じようなことなんですが、人間て20代の後半になって来ると新しいことに馴染みにくくなる傾向があるらしいんですよ。

いわゆる「人間が固まる」というヤツですね。

これらの理由から「前職を3年以内に辞めてる、20代中盤まで」の第二新卒であれば新卒に準じて採用しても大丈夫だろうというのが企業の考えです。

第二新卒には即戦力は求められるのか?

では、第二新卒には仕事力、つまり即戦力は求められないのかというと、「ほとんど求められません」。

通常であれば転職には即戦力が求められるんですが、第二新卒はそもそも前職でのキャリアが3年以下と少ないことが前提なんで、戦力的にはあまり厳しい審査はされませんので御安心を。

ということは、異業種へも転職できるチャンスということです。

これは大きいメリットなんで頭に入れておいてください。

通常の転職であれば即戦力を求められる関係上、それまでのキャリアを活かした転職をするしかありませんので、どうしても異業種へは移りにくいんです。

それが問われないんですから、第二新卒扱いでの転職はかなり業種の幅が広がります。

第二新卒のマイナス面とは?

良い事ばかりではありません。

実は第二新卒のマイナス面もありますので、そこら辺もキチンと把握しておきましょう。

細かいことは置いといて、どこの企業でも共通してあるマイナス面は以下の3つ。

  • すぐ辞める人間だと思われる
  • プロパー社員と差別される
  • 社会人として一人前として扱われる

一つづつ見ていきましょう。

すぐ辞める人間だと思われる

これは大きな矛盾点なんですが、企業側が「前職を3年以内で辞めたこと」を条件で出しているにもかかわらず、イザ採用となったら「この人、採用してもまたすぐ辞めちゃうかも」と心配するんですよ。

まあ分からんでもないですけどね。

企業というのはこういう矛盾だらけの牙城ですから。笑

これについての対策は、前職の退職理由を工夫することです。

答えは決まってます。

「新卒での就職では世間知らずだったから、自分の適正や希望などに合った仕事が分からなかった」

コレに尽きます。

新卒での就職はまだ大学生という世間知らずの状態でワケも分からず決めるんですから、こういうミスマッチが起こることは企業側も十分分かっているし、実はこういう人を欲してるんですよ。

ヤル気や能力はあるんだけど、うっかり自分の適正とは違った就職をしてしまい、仕切り直しをしている人。

企業はこういう人が大好きなんです。わかるでしょ?

こういう人であれば、採用してもすぐに辞めることは無いだろうし、(今は無理でも)将来的には戦力となってくれるわけですから。

絶対やってはいけないのが「前職の悪口」

上司や同僚のことを悪く言うのはご法度ですよ。

こういう人はトラブルメーカー扱いされて門前払いされます。

あくまでも「自分と仕事のミスマッチ」を強調することです。

面接の際には「(前職のミスマッチの経験から)今度は、自分の適正や企業のことをしっかり考えた上で応募した」ということを示せば印象は良いでしょうね。

プロパー社員(最初から居る社員)と差別される

これは第二新卒に限らず転職ではどこでもあることです。

ただ、これは入社間もない間だけで、まともな企業なら入社して時間が経つうちに同列扱いするようになります。

要するに信用されるようになればプロパー社員も中途入社も変わりません。

ま、最初の半年や一年は少々の不具合があったとしても我慢ですね。

社会人として一人前扱いされる

「アレっ、良いことなんじゃないの?」と思うかも知れませんが、こういうことです。

一応、いったんは就職して社会人経験があるわけだから、本当の新卒みたいに何でもかんでも手取り足取り教えることは無いってことです。

前職で一通りの社会人のマナーなどを見につけているのであれば心配はありませんが、そうでないなら自分で社会人向けのマナー本を読んだりして「自分で自分を研修する」ことです。

ただ、これは話し方とか人との接し方といった部分であって、仕事のスキルではないので御安心を。

30代以上のキャリア転職みたいに「管理職の経験」なんて問われません。

社会人としての常識が備わっているかどうかだけですから。

仕事に関してはちゃんと0から教えてくれますので大丈夫です。(むしろ、自社の色に染めるためにしっかり仕込んでくれますよ)

第二新卒での転職活動で成功するためのちょっとしたコツ

これまで見てきたように、第二新卒は「新卒以上30代のキャリア転職未満」といった扱いになります。

長くなったので、ここでいったんまとめておくと、

『大学を出て就職した先が、自分の調査が足りなかったために適性に欠けていてミスマッチだった。なので、今度はしっかりと企業のことを調べて自分との適性を考えた上で転職活動をしている』

この流れが第二新卒の転職活動の定番ですので、しっかり頭に叩き込んでください。

ユメユメ前職のグチは言わぬように。

で、実際の転職活動ですが、できるならば在職中にしてください。

離職して身体と経済的にキツクなるし、転職希望先の企業からしてもあまり良い印象はないからです。

良い印象が無いというのは日本独特の「ブランクを嫌う風潮」です。

現実的には無職の状態になって経済的に許せる範囲で転職活動に勤しむのが合理的なんですが、日本では「ただのニート」としか思われません。

根性論や精神論の好きな日本企業としては、前職でもキッチリ働きながら転職活動もしているという構図が受け入れられやすいのが実情です。

ですが実際にそんなスーパーマンみたいな人間なんて滅多にいないし、社会人とは言ってもまだ経験の乏しい20代前半の若者にとっては荷が重すぎます。

だから(と言って良いのかはわかりませんが)転職エージェントという商売が成立するんですね。笑

登録(無料です)しさえすれば、自分の希望に合った転職先をいくつも紹介してくれて、その企業に合った戦略モデルから何から全部アドバイスしてくれる。

面接の日取り決め、年収の交渉、職務経歴書の書き方etc

すべてお任せでやってくれるので、働きながらでも十分な転職活動ができるんですね。

まあ、今時の転職はみなさん転職エージェントを利用するのが当たり前になって来てるんで、敢えて言わなくてもいいことかも知れませんが。

一応、第二新卒の方は初めての転職なので、こういった転職サポートをしてくれるエージェント会社のことを知らないかもと思ったので。

ある程度社会のことや転職の実情がわかっているベテランな人は別として、初めて転職活動するのであれば、エージェントを利用するのがもっともな近道で且つ失敗が少ないでしょう。

その際には、大まかにですが転職活動の期間は3ヶ月から半年は見ておいてください。

あまりに急ぎ過ぎての転職はミスマッチの元ですから。

また、長すぎるのもどうかと思いますよ。

長すぎるというのは大体がえり好みし過ぎているのが原因ですから、それではいつまで経っても決まらないです。

早くて3ヶ月、かかっても半年を目安にしてください。

まれに1年ぐらいかけるケースもありますが、それは特殊な業界や30歳以上のキャリア転職だと思っていいでしょう。

まあ、そこら辺のことも転職エージェントに登録すれば全て教えてもらえますよ。

長くなりましたが、ここらで終わりにしましょうか。

何だかんだ言って来ましたが、現実には行動してみないとわからない事が多いし、また行動すれば自ずと道が開けます。

そのサポート役に転職エージェントを利用すると良いでしょう。

どうぞ、第二新卒という準プラチナカードが有効なうちに転職を成功させてください。

アナタが天職に出会えることを願っております。

最後になりましたが、件の転職エージェントについて優良な会社だけをピックアップした特集記事がありますので、よろしかったらどうぞ。

【超保存版】転職エージェントおすすめランキングまとめ/随時更新

【保存版】IT系おすすめ就職・転職・派遣エージェント【超まとめ】

転職に際して、自分がどれぐらいの年収を得るコトができるかどうかを簡単にチェックするアプリもどうぞ↓↓↓

自分の適正年収いくら?評判のMIIDAS(ミーダス)の無料診断