派遣の単発バイト(通称スポット)は気楽だがストレスフル

レンタル屋を辞めて毎日ふらふらニート生活をしている。

でも、年齢を考えたらいつまでもこんな状態じゃダメなんだ。

頭では分かってるんだけど、なかなか上手く行かない。

焦りつつも仕事を探している毎日です。

今日は、フリーターが良くお世話になるであろうスポット(単発バイト)についてです。

派遣の単発バイト(通称スポット)は20代のうちだけ

フリーターにとって重宝なのが1日とか2日のド短期バイト。

その手のバイトは大体が日払いなんで、早い現場は即日の仕事終わりに金が入る。

こういうド短期バイトのことを『スポット』って言います。

このスポットバイトはその気軽さから学生や20代のフリーターには大人気なんだけど、アラサーになってくると逆にツラくなってくる。

なぜか?

20代の頃に感じてた『気軽さ』というのが30代になると『ストレス』になるからなんだ。

ちょっと分かりにくいと思うんで、説明します。

スポットバイトは基本的にはその日1日だけの仕事で、当然一緒に働くメンツもその日だけの関係です。

交通量調査なんかがその典型で、当日現場に集合して初顔合わせして簡単な挨拶と仕事の段取りを聞いたら早速持ち場で仕事が始まる。

時々休憩や食事をとることがあるけど、ロクなコミュニケーションも取らずに1日が終って行くんだ。

で、最後は社員の人が来てハンコやサインを書いて日給をもらう。

で、現地解散。

サッパリしたもんですよ。

でも、これがお手軽で良いなあって思ってたのは20代まででしたね。

30代になるとキツク感じだすわけです。

毎回毎回、知らない人たちと1日だけのつきあいをする事にストレスを感じるようになるんです。

不思議だけど20代の頃みたく気軽な気分ではいられない。

年齢かなぁ。

オッサンになると『初めての事』を受け入れるのが億劫になるのかも知れない。

変化より同じことの繰り返しを好むようになるんだ。

同じ現場、同じメンバー、同じ作業、同じ給料・・・

とにかく安定が欲しくなるっていうのかな。

変化が嫌になるんだよ。

だからスポットは20代のうちだけしかできない、若い奴らの仕事だと思う。

30代になってスポット(単発バイト)をする

そのスポットバイトを今探してる。

本当はボクだってレギュラーの仕事が良いに決まってる。

でも、無いんだよ。

だから当座はスポットでつなぎながらレギュラーの仕事を探すしかない。

ストレスだろうなあ。

毎回毎回、違う現場、違うメンバー、違う仕事、違う・・・

仕方がない、自分が悪いんだから。

それが嫌ならレンタル屋で我慢すればよかったわけだからさ。

とりあえずは上記でも挙げた交通量調査あたりから行ってみるかな。

なんなら力仕事でも良いんだが、引っ越しだけはダメだ。

腰に爆弾抱えてるからね。

30代になるとみんな多かれ少なかれ身体に何か故障を持ってる。

こういうとスポーツ選手みたいでカッコイイけど、実際は歯牙無いフリーターでございますw