職場の人間関係が最悪な時には転職して再スタートした方が効率が良い

風景画

人が転職を考える理由は色々あります。

給料が安い、仕事が面白くない(自分に合わない)、他社でステップアップしたいetc

一見すると様々な原因がありますが、よくよく考えてみるとその悩みのほとんどは人間関係絡みです。

先輩や上司と合わないとか同僚に馴染めないとか、それが元で職場に自分の居場所がないとか。

仕事や給料そのものの不満に比べて人間関係のストレスはかなりの負担になりますよね。

大企業などでエリート街道まっしぐらの人がウツになって自殺したりするのは、お金や肩書きでは解消できない人間関係から来るトラブルが多いからです。

職場の人間関係を改善できないか?

先ずは一呼吸おいてください。

嫌な上司や反りの合わない同僚など、確かに不満の種は向こうが撒いているのかも知れませんが、ちょっと冷静に考えて欲しいんです。

というのも、転職は積極的にすべきだとは思うんですが、その理由がちゃんとしていないと後々アナタに不都合なことにもなりかねないからです。

もしかしたら、チョットした努力で職場の人間関係が改善されるかもしれないじゃありませんか。

そもそも嫌な奴なんてどこの職場にも一人や二人は居るもんですから、チョットのことで解決できるレベルなのに転職していたら、次でも同じことになってしまいます。

ホンの2~3年で転職を繰り返している人は、面接で不利になります。

「この人は採用してもどうせスグに辞めていくんじゃないか」って思われるんですよ。

また、後述する転職エージェントでも紹介してくれる案件が少なくなってしまい、自分が不利になるだけです。

なので、転職はそれなりの理由と言うか根拠があって初めてしてください。

御自分のためですから。

思いとどまることができるのなら、それが1番良いんですよ。

転職は相当なエネルギーを消費するので、もしもチョットの努力でうまく収まるのならば、その方が良いんです。

たとえば、先輩や上司に対してアナタの方から少し折れてみるとか、バカバカしいとは分かってても酒の席でお愛想をするとか・・・それぐらいのことで何とかなるのなら安い(易い)もんじゃないですか。

私は基本的には転職賛成派ですが、安易にそれを勧めるのは無責任だと思うし、また実際思いとどまれるならその方が良いですからね。

でも、よくよく考えても打つ手がないのならば、その時にはスッパリ次の人生を考えましょう。

無理を重ねてウツ病になってからでは遅いですから。

ここで言った事は、転職活動を始める前に念のため(思いとどまることが可能かどうかを)確認しておきましょうという意味です。

職場の人間関係が修復不可能なぐらい最悪なら転職しよう

最後の確認をしてもやはり居続けることが無理だとなったら、即行動です。

その日からアナタは次の人生を歩み始めるのです。

いいですか? 転職が決まってからではなくて、今からです。

それは多分に気持ちの問題なんですが、転職が決まるまでには相当なエネルギーを使いますので、心を引き締めましょうという意味です。

1番注意すべきは、嫌だろうけど円満退社にしておくこと。

本音を言えば悪態の一つもついてやりたいでしょうが、それはご法度ですよ。

次の職場へ悪影響がでます。

同じ業界内だと悪評が伝わる可能性がありますから要注意です。

最後は思いっきり仮面をかぶって借りてきた猫を演じてください。

転職エージェントを利用して最短コースでベストな転職先を確保する

転職慣れしてる人や友人知人のコネがある人はいいでしょうが、そうでないなら個人の力で転職活動をするのは相当なハンデになります。

というのも、求人誌やハロワで仕事を探すのは効率が悪いんですよ。

そもそも論なんですが、本屋に置いてる求人誌やネットの求人サイトに載っている案件て高確率でハズレが混じってるんですよね。

ましてや公的機関だからとハローワークに行くのは最悪です。

ハローワークは空求人やブラック企業の巣窟だからです。

ハローワークの実態についてはコチラの記事を参照(クリックで記事へ飛びます)

では、どうすればいいかと言うと「転職エージェント」を利用するのが1番良い策です。

転職エージェントというのは、企業と求職者の間に入って仲介をしてくれる業者のことです。

ハローワークのようなヤル気のない公務員仕事と違って、アナタの転職が完結するまでシッカリ丁寧にサポートしてくれます。

もちろん求職者側は一切無料です。

もし転職関連のエージェント記事に御興味があれば、こちらのカテゴリからどうぞ。↓ ↓ ↓

転職/就職関連のカテゴリー

シェアする

フォローする