2018年は夜勤の正月出勤から始まった

2018年

20代の頃はそれなりに仕事にありつけたのが、30歳になると徐々に仕事がなくなります。

世間の人は「えり好みしてるから無いんだろ」といいますが、30歳を過ぎてもありつける仕事にロクな仕事なんてないんです。

ちゃんと仕事を選ばないとトンデモナイことになるなんて、誰もわかってくれないのがツライ。

ところで正月はどうでしたか?

世間の人たちは家でコタツに入ってミカンを食べながらTVを観ていたんでしょうが、ボクは1日の夜から仕事でした。

正月出勤の夜勤は時給が高くて正月手当が付くので稼ぎ時なんです。

たぶんフリーターの人はみんなそうじゃないかな。

他人が休んでいる時に働くのがフリーターですからね。

今年の正月夜勤は夜の8時から朝の8時までのライン作業で1晩で15000円になったんで働いた甲斐がありました。

4勤務で6万円になりましたから。

後、夜食に幕の内弁当が出たのが助かった。

それで一食浮きましたから。

ただ、班長が嫌な奴だったのがストレスでしたね。

作業のペースが遅いとすぐネチネチ嫌味を言って来るんですが、ボクは特に目を付けられてたのか、よくネチネチ言われました。

大卒の正社員なんですが歳はまだ26歳の年下上司ですから、それが1番精神的にキツかったですね。

フリーターをやってて1番ストレスになるのが正社員との関係です。

相手が年下だろうが女子社員だろうが入ったばかりの新入社員だろうが、とにかく正社員という肩書があればフリーターよりは上なんです。

彼らの言葉には絶対服従です。

これが結構ツラいんですよ。

中にはそれなりに気を使ってくれる人も居ますけど、ほとんどの正社員は我々フリーターのことなんて虫けらみたく思ってますから。

そんなストレスを解消するためにパチンコや競馬、アルコールなどに頼る人が多いのもフリーターの特徴でしょうか。

ボクは酒やギャンブルはやりませんが、ついついヤケ食いをしてしまうんで体重が増えすぎてしまうのが困りものです。

彼女もいないので、出会い系で遊んだり、ネットでエロ動画を観たりするのがせいぜいですね。

(出会い系は、ほとんど空振りですが)

さびしく聞こえるかも知れませんがネットが唯一の友達です。

フリーターってなかなか人間関係ができないんですよ。

特に単発バイトや短期バイトを渡り歩いているボクのようなタイプは親しい友達はできにくいですね。

もともと対人関係は下手な方だし、あまり他人と交わりたいとも思わないし。

変わり者なんでしょうね。

いつまでもこんなフラフラした生活をつづけるのは無理だってわかってるんで、どっかで人生をなんとかしないといけないとは思ってるんですが、今のところ打開策はありません。

これから一体どうなることやら、自分でもわかりません。

夢は働かずにダラダラ、ゴロゴロと1日を過ごして暮らしていくことです。

いわゆるニートですね。

今は実家暮らしなんで、半分はそんな生活なんですが。

お金欲しいなあ。

いっぱいお金があったら嫌な仕事なんかしなくてもいいのに。

今はとりあえず、正月夜勤が終ったし、お金も週明けには入るからゴロゴロするかな。

そういえば入山杏奈が漫画の表紙になったのがあったから、起きたら買いに行こう。

小倉優香も捨てがたいけど、やっぱ入山杏奈ですよ。笑

シェアする

フォローする